図書室

刑事カイカン 29回目のクリスマスはちょっと違う

遠距離恋愛の彼氏との関係に悩むキャリアウーマン、そんな彼女の日常に小さな異変が起こり始める。交錯するロマンスとサスペンスの予感、果たして二十代最後のクリスマスはどうなってしまうのか?


刑事カイカン 夏の日の少年

羽田空港の待合室に置き忘れられた一冊のノート、それは一人の少年の日記帳だったがそこに記された内容は謎めいたものだった。日本のどこかにいる少年の所在を突き止めるため、ムーンにカイカン、そして上司のビンさんが動き出す!


図書室の悲惨(下)

その朝、委員たちは図書室に集められた。自由な校風で知られるアカシア大学附属高等学校。その図書室を舞台に巻き起こる怪事件。はたして匿名図書延滞者『大工』の正体は?書庫の密室はいかにして作られたのか?どうして生徒たちは次々と襲われたのか?数学教師・沖渡が今全ての謎を解き明かす。福場将太が高校卒業記念に書き上げた人生初の推理小説、二十年の時を越えてここに完結!


図書室の悲惨(中)

その朝、一人の図書委員が無残な姿で密室の書庫から発見された。自由な校風で知られるアカシア大学附属高等学校。その図書室を舞台に巻き起こる怪事件。警察の捜査が始まる中、数学教師・沖渡は真相解明のために生徒たちの緊急個人面談を行なうが、さらなる悲劇が次々と襲いかかってくる。


図書室の悲惨(上)

その朝、包丁は突き立てられてしまった。自由な校風で知られるアカシア大学附属高等学校。その図書室を舞台に巻き起こる怪事件。悪趣味な悪戯かと思われた出来事は次第に図書委員たちの日常を引き裂く悲劇へと発展していく。福場将太が高校卒業記念に書き上げた人生初の推理小説、二十年の時を越え新装改訂版でここに復活!


刑事カイカン 暗中の殺意

それはいつから生まれたのか。いつからそこにあったのか。月明かりも射さない夜、闇の中の殺意が一人の男を復讐者へと変えた。許されざる者を更なる闇へと突き落とすために、男は自らを解放する。


刑事カイカン 沿線の神様

電車の音が日常に溶け込むのどかな沿線の町。その片隅にある神社の石段から転落死した男は奇妙な服装をしていた。捜査に乗り出したムーンはやがて一人の女と出会う。自分が悪いという彼女の言葉は有力容疑者の証言とは大きく食い違っていた。果たしてカイカンが線路沿いで証明する真実とは?


刑事カイカン 悪意パズル

卒業旅行を楽しむ医学部6年生の男女五人。お互いを最高の仲間として認め合う彼らの宴には確かに幸福の時間が流れていた。しかし突如として突きつけられてしまう一人の死。友情と疑惑が交錯する中、事件捜査に当たったカイカンは一つの可能性に気付く。果たして仲間の命を奪った悪意はどこにあったのか?


刑事カイカン 支持的受容的完全犯罪

精神科医・飯森唄美は自らを脅迫してきた製薬会社の社員を葬るために学術講演会を利用した完全犯罪計画を決行する。やがて彼女の前に現れるボロボロのコートとハットをまとった異様な刑事。心理と論理のかけ引きの中、唄美は刑事に対して不思議な共感を自覚していく。はたして最後にたどり着いた心とは?