運営者について

プロフィール

名前: 福場将太 (ふくば・しょうた)
出身: 広島県呉市
職業: 精神科医
ライフワーク: 楽曲や小説などの創作活動・表現活動
好きな食べ物: 激辛カレー、おしゃぶり昆布
好きな言葉: 「運命は変えられないが人生なら変えることができる」

経歴

小学校時代

呉市立五番町小学校(通称ツタカズラ)に在籍。
クラスでは同級生をモデルとして登場させた漫画を執筆。ゲームクラブ所属。トランペット鼓隊(*1)では中太鼓を担当。
家では映画好きの父親から頻繁にビデオで国内外の映画を見せてもらい、また推理小説の書籍も多く読ませてもらう。

中学・高校時代

広島大学附属中・高等学校(通称アカシア)に在籍。
マイクロワールド研究会(*2)に所属。パソコンを使ってゲームを作ったりレゴブロックのロボットを動かしたりする活動に加え、当時まだ普及していなかったパソコン通信で全国の学校と交流した活動(*3)が一部地方紙や地方番組に取り上げられた。
創作活動に興味を持ち、仲間と映画を撮ったり、バンドを組んで曲作りの真似事を開始。
またFMラジオ『爆裂スーパーファンタジー』(*4)が仲間内で流行し、「快感な男」の筆名で常連ハガキ職人になる。
文化祭実行委員(*5)ではイベントを企画・運営することの楽しさを経験。体育祭(*6)では裏パートに所属し大道具の楽しさを経験。卒業寸前には図書委員会に所属したことで小説執筆の真似事も開始。

大学時代

上京して東京医科大学に在籍。
音楽部と柔道部に所属。いずれも新鮮な刺激となり楽曲や小説の創作を加速させる。音楽部では定期ライブのバンドに加えオリジナルのユニットでライブハウスや学園祭に出演、CD製作や医局パーティのBGM演奏も経験。柔道部では戴帽式や結婚式でオリジナル曲を製作した。クラスでは卒業アルバム委員に所属。

放浪時代

持病の視覚障害の進行もあり、一度足を止めて考える。勉強の傍ら、『DREAM LIVE』(*7)に参加したり、執筆作品を投稿したり、インターネットラジオのDJに挑戦したり、インディーズレーベルからCDを発売したり、視覚障害者の集会に参加したりととにかく色々経験を増やした。

現在

北海道に在住。精神科医として診療を行なう傍ら、時々講義や講演の活動も行なう。視覚障害を持つ医療従事者の会『ゆいまーる』にも所属。たくさんの人たちのおかげで暮らせている。
そしてこれまたたくさんのご厚意にあやかり、長年の夢であった自分のホームページ開設に踏み切るに至った。

注釈

  1. 当時ツタカズラでは6年生になると生徒はかならずトランペット鼓隊に所属し楽器あるいはバトンを担当した。5年生の時に同じパートの6年生から楽器と技術を伝授される。楽譜を使わず手から手で教えてもらうのが特徴。トランペット鼓隊は一年間を通して朝礼や運動会で校歌と行進曲を演奏する。
  2. 数学者のシーモア・パパート教授らが開発したプログラミング言語であるロゴを用いたソフト『ロゴライター2』での創作を主な活動とする部活。当初は顧問教師と数名の有志生徒が放課後に集って行なう同好会であった。福場ら同級生が多く入部したことでやがて正式な部に昇格。90年代前半では白黒ディスプレイのノートパソコンを使用し活動場所も空き教室であったが、90年代後半には世の中のIT化に伴い校内にWindowsやMachintoshを備えた専用ルームができたためそちらに移る。活動内容もロゴではなく『Hyper Card』を用いた創作、インターネットやチャットでの交流に移っていった。
  3. 当時まだインターネットの呼称は普及しておらず、学校間の交流は『めでぃあきっず』という専用のサイトで行なわれた。各学校が地元を探索しそれを紹介するコーナーが盛り上がり、福場らは「広島市電の旧宇品線を追う」「呉市の仏像が乱立する謎の山を調べる」「比婆郡でヒバゴンの謎を解く」などを発表。また夏休みにはバリ島で『めでぃあきっず』メンバーが集う合宿も開催された。
  4. 嘉門達夫(現・嘉門タツオ)氏がメインパーソナリティを務める主に中高生を対象としたネタ投稿番組。広島FMでは1998年3月まで放送。後にインターネットテレビで配信された『嘉門達夫のナリキン投稿天国』でも「快感な男」は常連投稿者となり、一部のネタは嘉門氏のCDにも起用された。
  5. 当時O-157食中毒の流行もあって生徒による食品の出店ができず、その分イベントに力が入れられた。その中で推理イベント『怪盗フゾークの挑戦』が企画され、ミステリー好きの福場は相談に乗っているうちにそのまま正規の手順を踏まずに実行委員会に入った。
  6. アカシアにおいて体育祭は年間最大の行事であり、一年前から生徒は表と裏のパートに分かれて準備をする。表パートはマスゲーム・応援団・チアガールなど体育祭当日に晴れ舞台を見せる。裏パートはやぐら・山車・衣装といった当日マスゲーム出演者などを引き立たせる大道具・小道具を製作する。いずれも生徒主体で行なわれ、特に当時は夏休みの大部分の時間を割いて練習や製作が行なわれていた。既存の物は使わず、振り付けや設計・デザインなど全て一からオリジナルで作り上げていくのが特徴。
  7. 音楽プロデューサー・フセマサオ氏が中心となって開催される野外ライブイベント。主な開催場所は錦糸町アルカキット前ステージや芦花公園のお花見ステージなどで、音楽演奏だけでなくお笑いやダンスなど多彩なエンターテイナーが格安の費用で出演できるのが特徴。福場はフォークギター弾き語りで出演していた。